義歯・ブリッジ

義歯(入れ歯)について

入れ歯

痛い!噛めない!合わない!?
入れ歯の宿命のように考えてあきらめていませんか?

パール歯科クリニックでは
保険で作れる入れ歯(義歯)から、ばねのない入れ歯、金属でできた丈夫な入れ歯まで、患者さんのご要望にお応えして制作致しております。

保険の入れ歯と自由診療(自費)の入れ歯の違い

保険の入れ歯と自由診療の入れ歯では、「残っている歯の寿命」と「快適性」が決定的に異なります。
パール歯科クリニックに通っていただいている患者さんの言葉をお借りするのであれば、「100倍は違う」とのことです。
歯科医師の立場からみると、保険の入れ歯であったために、歯の寿命が短くなったと考えられる患者さんも大勢いらっしゃいます。総入れ歯の場合には、食べられるものに違いがあります。
個人差はありますが、保険の入れ歯だと、鳥肉も食べられなかった患者さんが、自由診療の入れ歯を入れた後に、アワビの刺し身が食べられたと大変喜んでいただきました。
自由診療の入れ歯は、時間と手間と良質な材料を用いて、長きにわたり、患者さんに楽しく美味しく、食べられる食物の種類の増える入れ歯を製作していきます。

保険の入れ歯
メリット デメリット
  • 費用が安い
  • 破損時の修理が容易
  • 壊れやすい(素材がプラスチックの為)
  • 汚れやすく、匂いが付いたり変色しやすい
  • 壊れないよう厚く作る為、
    口の中で違和感を感じやすい。
金属の入れ歯
メリット デメリット
  • 壊れにくい
  • 異物感が比較的少ない
  • 金属部分は汚れにくい
  • 費用が高い
ばねのない入れ歯
メリット デメリット
  • 見た目に入れ歯とわかりにくい
  • 金属を使用しないので金属アレルギーの方にも安心。
  • 保険の治療に比べると、周りの歯の寿命が延びます。
  • 保険に比べ費用が高め
  • 歯がすべて無い方は使用できません。
このページの先頭へ
04-7107-6480