詰め物・かぶせ物

金属アレルギーについて

金属アレルギー

花粉やダニや化学物質。また、たまご、そば、牛乳、小麦粉などの食物、数多くのアレルギー源がありますが、金属が原因となるアレルギーを金属アレルギーといいます。
歯科金属の種類によっては、体の中で溶ける物があります。
溶けた金属は、唾液に混じっているタンパク質と結合し、消化、吸収後、基本的に皮膚の方に行き、代謝の激しいところに留まります。

時折見かけますのは、手のひらと足の裏を中心に水疱状の湿疹(しっしん)が繰り返し生じる掌蹠膿庖(じょうせきのうほう)症です。
水虫とまちがえそうになりますが、掌蹠膿庖症は無菌性の膿庖が主症状ですので顕微鏡で見ても、あの特有の糸状菌は確認できず、水虫ではないと診断されます。
診断がつかず、突然の原因不明の皮膚病として悩み、まさかそれが、お口の中の金属が原因とは思いもよりません。

子供では、「しょう紅熱」と間違われやすいようです。
年長者の重度”アトピー”では金属アレルギーの頻度が高いという報告もあります。
体の皮膚や肛門、その他の口から遠い部位に異変が起きたとき程、歯科金属アレルギーだということが見落とされることが多いようです。また最近では、皮膚の症状の他にも日常生活における、様々な症状(頭痛、肩こり、冷え症、めまいなど)との関係もあるのではといわれてきています。
歯科金属アレルギーは、上記のように、タンパク質―金属複合体が口から運ばれ、長い年月をかけ、皮膚の下にたまり、それを異物とみなした体が過剰反応を起こすのです。
数十年経ってから突然発症することが多く、鑑別するのが大変な病気です。

金属アレルギーの有無を調べる方法

歯科でアレルギーを発症させやすい金属は、「水銀」「ニッケル」「コバルト」「クローム」「パラジウム」など唾液に溶け出しやすい金属が原因となりやすいようです。
金属アレルギーの有無は、パッチテストで判定することができます。パッチテストは、下記の金属、18種類のばんそうこうを背中に張り、どの金属に反応しやすい体質なのかが調べられます。
自分に合った金属のみを使って歯科治療を行えば、金属アレルギーのリスクが減ります。

■ 17種類の金属と、比較用に生理食塩

1 パラジウム 2 水銀 3 4 白金
5 コバルト 6 ニッケル 7 アルミニウム 8 クロム6価
9 10 インジウム 11 イリジウム 12
13 スズ 14 クロム3価 15 16 亜鉛
17 マンガン

■ 水を加えた18種類のパッチテストです。

1 亜鉛 Zn
欠乏 主症状 顔面、会陰部からはじまり漸次増悪する皮疹
随伴症状 口内炎、舌炎、 脱毛、 爪変化、腹部症状、 発熱、創傷治癒遅延、短躯、成長障害、 免疫低下、精神症状(うつ)、味覚障害、 食欲不振
過剰 急性:相対的鉄、銅欠乏症状
嘔気、 嘔吐、腹痛、下血、高アミラーゼ血症、 嗜眠傾向、 低血圧、肺浮腫、 下痢、黄疸、 乏尿
慢性:生殖力低下、短身、味、嗅覚低下 貧血
2 銅 Cu
生理機能 造血機能、骨代謝、総合織代謝
欠乏症状 貧血、白血球減少、好中球減少、骨髄白血球系成熟障害、小児骨変化、骨年齢低下
過剰症状 嘔吐、嘔気、心窩部灼熱感、下痢、黄疸、ヘモグロビン尿症、血尿、乏尿、無尿、低血圧、昏睡、下血
3 クロム Cr
生理機能 蛋白代謝、 コレステロール代謝、 糖代謝、 総合織代謝
欠乏症状 耐糖能異常、呼吸商低下、体重減少、末梢神経障害、遊離脂肪酸増加、窒素平衡の異常、代謝性意識障害
4 セレン Se
生理機能 抗酸化作用 T3からT4への変換 抗ガン
欠乏症状 筋肉痛、心筋症、爪床部白色変化
過剰症状 セレノーシス(脱毛、爪剥離、中枢系障害
5 マンガン Mn
生理機能 蛋白代謝、 脂質代謝、 糖代謝、 生殖能 免疫能
欠乏症状 血清コレステロール低下、血液凝固能低下、毛髪赤色化、皮膚炎、成長障害、長幹骨骨端部X線透過性増加
過剰症状 パーキンソン症候群、 慢性初期、インポテンツ、無気力、傾眠、食欲不振、浮腫、筋肉痛、頭痛、精神興奮、疲労感、進行症状、錐体外路系障害
6 モリブテン Mo
生理機能 アミノ酸代謝、 尿酸代謝、 硫酸代謝、 亜硫酸代謝
欠乏症状 頻脈、多呼吸、夜盲症、視野暗点、易疲労性、嗜眠、失見当識 昏睡
過剰症状 高尿酸血症、通風
7 コバルト Co
生理機能 ビタミンB12、造血
欠乏症状 悪性貧血、メチルマロン酸尿状
過剰症状 コバルト中毒
8 ヨウ素 I
生理機能 甲状腺ホルモンの作成、組成の代謝
欠乏症状 甲状腺腫、甲状腺機能低下症
過剰症状 甲状腺腫、甲状腺機能低下症
このページの先頭へ
04-7107-6480